loading

bitwallet

Search

Language

JA

新着情報

新サービスの発表、プレスリリースなどの情報一覧

仮想通貨 マーケットレポート (1/13~1/19)

仮想通貨 マーケットレポート (1/13~1/19)

マーケット情報

2019.01.21

日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2019年1月13日~1月19日の仮想通貨マーケットレポートをお届けいたします。


中立

Bitcoin

1週間を通して、小幅な下落と上昇を繰り返しており、依然として安値でのボックス相場を継続中。これまでビットコインETF導入を推進してきたCBOE(シカゴ・オプション取引所)のCOOが、仮想通貨に見切りをつけ、債券のコンピュータ・トレーディング企業へ転職したとの報道もあり、同ETFの可否に少なからず、影響を与える可能性がある。テクニカルにおいては、先行き強気の三角持ち合いの上放れによる一時的上昇はあり得るものの、引き続き、3,100~4,400ドルの間でのボックス相場が継続するとの見方が強いことから、「中立」の判断を維持する。

やや弱気

BitcoinCash

週初から値動きに乏しく、安値でのもみ合いが続いている。出来高も減少傾向にあり、投資家はBCHへの関心を失っている可能性も指摘されている。RSIは売られ過ぎの水準となっているものの、今後も一目均衡表の先行スパン1がレジスタンスラインとなって、上値の重い展開が続くとの見解から、「やや弱気」の判断を維持する。

弱気

BitcoinGold

短期的にも長期的にも下値を切り下げる展開が続いている。今後は、一時的上昇があったとしても、強力に作用している11月上旬からの反発時の高値を結んだレジスタンスラインにより、弾き返されるとの見方も強い。このレジスタンスラインを確実に突破することができない限り、長期的な下落基調は止まらないとの見解から、「弱気」の判断へ引き下げる。

中立

Ethereum

上昇と下落を繰り返しながら、一目均衡表の先行スパン1付近を推移中。ETHは先週、ハードフォーク「コンスタンティノープル」を実施予定だったが、セキュリティの脆弱性を理由に延期となった。実施は、少なくとも1週間以上遅れるとの報道もある。気になる今後の値動きについては、2月にかけて一目均衡表の雲が徐々に薄くなっていく際に、価格が雲の中、もしくは雲の下のどちらに位置しているかによって占われる。そのため、現在は「中立」の判断を維持し、フラットな視点で推移を見守ることとする。

やや弱気

Ripple

目立った値動きも見られずにボックス相場を継続中。XRPを利用した国際送金の決済ネットワーク拡大について、米国の大手メディアでも取り上げられた。しかし、大手銀行はXRPを採用していないことから、今後の広がりについては懐疑的な意見も多く、このようなネガティブな見解が、昨今の価格低迷に影響を与えている可能性も指摘されている。今後の値動きについては、BTCと同じように、先行き強気の三角持ち合いの上放れによる短期的な上昇はあり得るものの、その他のテクニカル指標は、ネガティブな状況となっていることから、「やや弱気」の判断を維持する。

中立

Litecoin

1週間を通じて大きな値動きはなく、雲の中を推移中。RSIは平均的水準にあり、DMIも+DIと-DIがほぼ重なり合っていることから、現在は、「中立」の判断を維持する。なお、少しずつ値幅を狭めていることから、もみ合い放れによる急な価格変動に注意したい。


仮想通貨マーケットレポートに掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

Copyright © 2013-2019 bitwallet PTE LTD. All rights reserved.