loading

bitwallet

Search

Language

JA

用語集

ウォレットや仮想通貨で一般的に使われる用語をまとめた用語集

P2P(ピアツーピア)

  • 読み方

    ピアツーピア ぴあつーぴあ
  • 同義語

    • 対義語

      P2P(ピアツーピア)とはPeer to Peerの略で、個々の端末(Peer)がサーバーを介さずに通信を行うことです。インターネット上では、一般的にデータを保持し提供する「サーバー」と、データを要求し受け取る「クライアント」に役割が分かれています。

      たとえば、メールの確認やウェブページの閲覧などがそれに当たります。対して、チャットや無料電話が行えるメッセンジャーアプリを介した端末同士の直接通信はP2Pです。

      P2Pの利点は、サーバーに負荷がかからないことやサーバーや収容ネットワークの障害に影響を受けないこと、情報の発生源に直接アクセスするため最新情報を共有できることなどが挙げられます。課題としては、さまざまなコンテンツが直接やりとりされることで発生する、知的財産の侵害や反社会的なコンテンツ流通への対策が挙げられます。

      仮想通貨におけるP2Pとは、広義では仮想通貨の取引全般に使われているシステムを指します。銀行とは違い、データを保存するサーバーを持たないため、データの偽造やコピーができません。

      狭義では、仮想通貨取引所を通さずに個人間で直接取引すること、または直接取引したい人が集まった取引市場のことを指します。これは、中国の主要取引所が規制により業務停止されたことが影響して急増したと言われています。仮想通貨取引所を介さないことで、手数料が割安であったり送金スピードが迅速であることがメリットです。

      キーワードから用語を探す

      Copyright © 2013-2019 bitwallet PTE LTD. All rights reserved.